樹木葬は、

「山奥の樹木に遺骨を捨てるような行為」

という考えをお持ちの方がいらっしゃると思います。

でも、こう考えてみてはどうでしょうか?

一本の樹木は、故人が生きた証として何十年、何百年とこの世に残ります。
また四季を感じ、その樹木に集まる虫や鳥の生き物に、新たな息吹を与えることができる。

那須の大空に生えるその樹木は、天国にいるあの方に永遠とつながっています。

私どもも皆様のそのような願いを叶えるお手伝いができたらと思います。